マンション経営のサポートに最適なライジングトラスト

賢く投資するために知っておきたい基礎知識

サブリースのメリット

サブリースのメリットについて

サブリースとは、一言で言うと「又貸し」という意味です。あるオーナーの所有する建物をサブリース会社が借り上げて、その借り上げたサブリース会社がまた第三者の入居者に転貸する、つまり「又貸し」することを条件に契約するのです。 このサブリースは、空き室・滞納の有無にかかわらず、約定の資料を不動産会社が保証してくれるので、オーナーとしては安心することができる仕組みです。このサブリースによって、オーナーの賃貸経営上の運営を楽にすることができる点が最大のメリットです。 また、空き室や家賃滞納の心配をしなくてもよく、意外と多く出るクレームやトラブルで入居者と関わる必要がないところもよい点です。さらに、建物の維持や保全はサブリース会社が気をつけてくれるので、自分で足を運んで見に行かなくてもよい点もおおいに助かるところでしょう。

オーナーと借り上げ業者双方にメリットがあるサブリース契約

賃貸物件契約に用いられるサブリース契約は、転貸を目的に賃貸物件のオーナーから借り上げ業者が物件を一括借り上げし、物件入居希望者と賃貸契約を結ぶ契約を意味しており、社員寮の運営時に頻繁に用いられています。 賃貸物件を保有しながらも、不動産や賃貸経営の知識が乏しい、経営の手間に割く時間がない等の諸事情を抱え、利益を生む可能性がある物件をもてあましてしまっている場合に、確実に利益を生む実績とスキル、専門性の高い知識を兼ね備え、各専門分野の有資格者が連携する不動産会社とサブリース契約を結ぶ事で、ふいになっている物件を活用できます。 借り上げ業者がサブリース契約を結ぶ場合、あらかじめ物件を保有しているオーナーと契約する事で、物件の建設等の準備の手間が省け、大幅に物件準備のコストダウンを図る事が可能です。そのため、不動産業を個人が新規に開く場合には、物件を保有しているオーナーとの出会いとサブリース契約を結べる信頼関係の構築が経営の鍵を握っています。

Copyright© 2015 マンション経営のサポートに最適なライジングトラストAll Rights Reserved.